中身しかないZolo Libertyレビュー

​ 世の中のレビューと称した記事を読んでみると、公式サイトやAmazonの商品ページを見れば書いてある情報を延々とコピペしているだけのものがあり、イライラする。
こういう検索結果を取り除けないのだから、Googleの検索アルゴリズムって実は大したことないんじゃ……と思ってる。
 それを嘆いていても生産的ではないので、スペック表からは知ることができないレビューを自分で書きます。

 

 今回レビューするのはZolo Libertyといって、いわゆる完全ワイヤレスイヤフォンです。左右がネックバンドやケーブルで繋がってないのでこう呼ばれています。

 

 

 この商品の特徴は上記リンク先で読んでもらうとして、そこらへんのレビューに書いてないことに絞って書いてみる。

 

1.途切れにくさ

 左右が途切れにくい、というのがこの商品が評価されてるポイントなのだが、実際にはどんなもんよ? というのが気になるところ。
 大阪市内の地下鉄とJRのそこそこ混んでる電車内で通勤の行き帰りに合計2〜3時間くらい使ってみたところ、1週間に一度くらい途切れるか途切れないかという具合です。
途切れるといっても、片方がしばらく聞こえなくなったあとに自動で復帰したり、音楽の再生が止まったりというくらいで、電源のオンオフとかペアリングのやり直しみたいな作業はいりませんので、一切ケーブルがない快適さに比べれば気にならない欠点です。

 

2.外れにくい

 歩いてるときはもちろん、電車の乗り換えとかで軽く走ったくらいではずれる気配すらない。
 ただし、これはちゃんと装着した場合のみなのでちゃんと装着しましょう。付属のクイックスタートガイドなどにもあるように(これすら読まずに不良品とか言ってる馬鹿の多いこと。。)、耳の奥まで押し込んだあとに軽くひねることによってうまく固定されます。僕の場合は、耳の後ろ側に向かってくっつけるようにひねるとジャストフィットしますので、各自のベストポジションを使いながら探してみてください。

 

3.音量にクセがある

 この機器に限った話ではないですが、オーディオデバイスには音量のカーブがあります。細かい説明をすっ飛ばして言うと、この範囲でボリューム調整するといい感じに細かくいじれるよゾーンがあるのです。
 Zolo Libertyは本体側でボリューム調整できないため、DAPスマホ側でいじるのですが、1〜4メモリ目までは少しずつ上がったのに、5メモリ目でいきなり大きくなるといった現象があります。
 なので、かなり厳密な音量コントロールをしたい人には向かないかもしれません。
まあ、某Sound Peatsのボリューム1でも耳割れそうなくらい痛い製品よりは100億倍いいので、ほぼデメリットにあらず。あまり記載のない情報なので一応書いておきますが。


 以上、中身しかないレビューでした。
 気に入ったなら上のリンクから買ってください! とダイレクトマーケティングして終わる。

 

 

執筆者、六条くるる

エンタメ記録シリーズ(2017年10月~12月)

GODZILLA 怪獣惑星

 ハリウッド版が好評、そして庵野監督のシン・ゴジラも大ヒットというハードル上がりまくりな状態で封切りされたいわゆる虚淵ゴジラ

 かなり思いっきりSFに寄せた世界観で、ポリゴンピクチュアズの本領発揮の映像もあって見ごたえのある作品だった。実はシリーズものでまだ続くので、そちらも見に行こうと思う。

 

Fate / stay night hevean's feel

 まさに劇場版! というクオリティ。原作にはない要素の追加も完璧オブ完璧という出来栄えで、時間をかけていいから次作もきっちりお願いします! という気持ちにあふれる良作だった。

 

BUCK-TICK DAY IN QUESTION

 数年ぶりにライブを見たけど、相変わらずみんなセクシーだった。お金を払ってセクシーなおじさまのライブパフォーマンスを2時間も見られるとか何かのバグか? ってくらい最高ですよね。

 追いかけて切れていなくて、知らない曲もあるけどそれでも行ってよかった。。

 

 執筆者:六条くるる

エンタメ記録シリーズ(2017年7月~9月)

メアリと魔女の花(アニメ映画)

 スタジオポノック第1弾、米林監督。

 色々と文句を言っている人はいたけど、ジブリの当初の「子どもが楽しんでみられるアニメ作品」という点を丁寧に作った良作でした。

 

KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 応援上映(アニメ映画)

 説明不要。岩盤浴デトックスするように応援上映に行く。

 

・KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 4DX(アニメ映画)

 今度は4DX。遠いけど見に行く。

 

ポケットモンスター キミにきめた!(アニメ映画)

 思い出補正も含めてだろうけど、結構泣いてしまった……。きちんと評価できないですね、思い入れが深すぎると。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ映画)

 スルーしてたんだけど、「シャフトらしい映像だけでも見る価値あり」という意見を信じて見に行くが、正直たくさんの事情が絡むと失敗してしまう映画を見せられた気分だった。

 新房監督は自分の作品を作るというより、後輩を育成する方向に尽力しているようなイメージなので、どこかで自分の趣味を爆発させてほしい……。

 

Spangle call Lilli line(ライブ)

 ゲストがD.A.N.だったのと、会場や千日前ユニバースなので参戦。

 結果から言うと、D.A.N.は音源がめちゃくちゃ好きだったんだけど、このときのライブは全然良くなかった……。ミニマルなフレーズを機械のように繰り返す中に生まれる揺らぎが魅力なのに、ライブでエモい感じしようとして、それに演奏技術が追いついてなくてスベってるみたいで残念。

 それに反してSpangle call Lilli lineはベテランらしいグルーヴ感で安心して聞いていられたので最高でした。

 

・OTODAMA'17(夏フェス)

 義務のように参加。なんかあんまり記憶にないな……と思ってTwitterよりサルベージ。

  何の参考にもならない!

 毎年通りに牧歌的なフェスだったということで。

 

 執筆者:六条くるる

 

(c)午前3時の六条会