エンタメ記録シリーズ(2018年4月~6月)

江戸の戯画

 美術展。
 鳥羽絵(鳥獣戯画)から北斎の金魚までたくさんの戯画が見れて満足。
 ただ、江戸や明治くらいの作品は色が鮮やかになりすぎて、たくさん見るには目がチカチカしてしんどかった。線のシンプルな鳥羽絵くらいがかわいくて好き。

GODZILLA 決戦起動増殖都市

 いわゆる虚淵ゴジラの第2作目。今回は箸休めのような感じで、迫力のある戦闘シーンはしっかり描くものの、あくまでも完結の最終作への布石のような印象だった。
 決してつまらなかったという意味ではなく、次への期待の高まるようないい意味での消化不良という感じ。

さよならの朝に約束の花をかざろう

 岡田麿里が脚本にとどまらず、監督や一部の絵コンテまで務めた作品。
 一応見ておくか、くらいの気持ちで観に行ったら親子の物語に打ちのめされて号泣して帰ることに。
 途中の時間の飛ばし方も秀逸でテンポよく見れるし、ベタなシーンのダメ押しもしっかりしてて文句なし。

リズと青い鳥

 2018年上半期で最高の映画だった。やはり山田尚子監督は信頼できる……。
 複雑な感情が絡み合った映画なので一言で感想を語ることはできないのだけど、ただ映画のメインビジュアルで傘木希美が鎧塚みぞれのほうを見ているのに対して、鎧塚が前を向いているっていうのがもう……言葉にできない。

あさがおと加瀬さん

 原作を読んでいるのでお話は知っているし、この先の展開も知っているのに「どうなっちゃうの~?!」となりながら劇場で見て、泣いて、晴れ晴れとした気持ちで劇場を後にした。
 ただ、二人が動いて話しているというだけで嬉しくて安心できる。最高。

万引き家族

 とにかく、安藤サクラぁーーっ!!! という感想。
 松岡茉優が演じる亜紀についての扱いがぞんざいなのは気になるけど、安藤サクラが全部持っていったので、とくにかく見て。


執筆者:六条くるる

エンタメ記録シリーズ(2018年1月~3月)

 2018年もエンタメ記録シリーズやっていきます。

 ライブに行く本数も減っているので、中身がスカスカですが……。

 

AIKATSU☆STARS!スペシャルLIVE TOUR<

 グループにとって初のツアーでラストツアーとなった、大阪公演に行きました。

 聞けなかった曲もあるものの、内容的には何も不満はない。あろうはずもない。しかし、一連のツアーの千秋楽の数日後、すでに予定されている日本武道館公演にてグループの解散が発表されて……という出来事があったために正直よく覚えていない。つらい。

 

 ※さらに追い打ちをかける出来事として、解散したライブから半年後のアイカツシリーズ5周年記念イベントにて再びステージに立つことが発表されて、どういう気持ちになっていいのかわからないオタクになっています。

 

BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR

 友人にチケットを譲られて、ちょっとした旅行気分で京都公演を観に行きました。

 一昔前みたいな激しさはないものの、会場の広さをしっかりと使い切るライブバンドとして安定したライブでした。

 

空海-KU-KAI-

 空海というタイトルはついているものの、実際の主役は楊貴妃と猫。

 セットを豪華さをきっちりとなめるようなカメラワークや幻想的なVFXなど映像に比重を置いた作品で、口を開けてぼんやりしているだけで楽しい作品でした。

 各所でカメラワークをキメすぎているせいで、逆にどこがキメのカットなのかわからない、という映像のくどさはあるので、飽きちゃう可能性はある……。

 

執筆者:六条くるる

 

 

中身しかないZolo Libertyレビュー

​ 世の中のレビューと称した記事を読んでみると、公式サイトやAmazonの商品ページを見れば書いてある情報を延々とコピペしているだけのものがあり、イライラする。
こういう検索結果を取り除けないのだから、Googleの検索アルゴリズムって実は大したことないんじゃ……と思ってる。
 それを嘆いていても生産的ではないので、スペック表からは知ることができないレビューを自分で書きます。

 

 今回レビューするのはZolo Libertyといって、いわゆる完全ワイヤレスイヤフォンです。左右がネックバンドやケーブルで繋がってないのでこう呼ばれています。

 

 

 この商品の特徴は上記リンク先で読んでもらうとして、そこらへんのレビューに書いてないことに絞って書いてみる。

 

1.途切れにくさ

 左右が途切れにくい、というのがこの商品が評価されてるポイントなのだが、実際にはどんなもんよ? というのが気になるところ。
 大阪市内の地下鉄とJRのそこそこ混んでる電車内で通勤の行き帰りに合計2〜3時間くらい使ってみたところ、1週間に一度くらい途切れるか途切れないかという具合です。
途切れるといっても、片方がしばらく聞こえなくなったあとに自動で復帰したり、音楽の再生が止まったりというくらいで、電源のオンオフとかペアリングのやり直しみたいな作業はいりませんので、一切ケーブルがない快適さに比べれば気にならない欠点です。

 

2.外れにくい

 歩いてるときはもちろん、電車の乗り換えとかで軽く走ったくらいではずれる気配すらない。
 ただし、これはちゃんと装着した場合のみなのでちゃんと装着しましょう。付属のクイックスタートガイドなどにもあるように(これすら読まずに不良品とか言ってる馬鹿の多いこと。。)、耳の奥まで押し込んだあとに軽くひねることによってうまく固定されます。僕の場合は、耳の後ろ側に向かってくっつけるようにひねるとジャストフィットしますので、各自のベストポジションを使いながら探してみてください。

 

3.音量にクセがある

 この機器に限った話ではないですが、オーディオデバイスには音量のカーブがあります。細かい説明をすっ飛ばして言うと、この範囲でボリューム調整するといい感じに細かくいじれるよゾーンがあるのです。
 Zolo Libertyは本体側でボリューム調整できないため、DAPスマホ側でいじるのですが、1〜4メモリ目までは少しずつ上がったのに、5メモリ目でいきなり大きくなるといった現象があります。
 なので、かなり厳密な音量コントロールをしたい人には向かないかもしれません。
まあ、某Sound Peatsのボリューム1でも耳割れそうなくらい痛い製品よりは100億倍いいので、ほぼデメリットにあらず。あまり記載のない情報なので一応書いておきますが。


 以上、中身しかないレビューでした。
 気に入ったなら上のリンクから買ってください! とダイレクトマーケティングして終わる。

 

 

執筆者、六条くるる

(c)午前3時の六条会