エンタメ記録シリーズ(2017年10月~12月)

GODZILLA 怪獣惑星

 ハリウッド版が好評、そして庵野監督のシン・ゴジラも大ヒットというハードル上がりまくりな状態で封切りされたいわゆる虚淵ゴジラ

 かなり思いっきりSFに寄せた世界観で、ポリゴンピクチュアズの本領発揮の映像もあって見ごたえのある作品だった。実はシリーズものでまだ続くので、そちらも見に行こうと思う。

 

Fate / stay night hevean's feel

 まさに劇場版! というクオリティ。原作にはない要素の追加も完璧オブ完璧という出来栄えで、時間をかけていいから次作もきっちりお願いします! という気持ちにあふれる良作だった。

 

BUCK-TICK DAY IN QUESTION

 数年ぶりにライブを見たけど、相変わらずみんなセクシーだった。お金を払ってセクシーなおじさまのライブパフォーマンスを2時間も見られるとか何かのバグか? ってくらい最高ですよね。

 追いかけて切れていなくて、知らない曲もあるけどそれでも行ってよかった。。

 

 執筆者:六条くるる

エンタメ記録シリーズ(2017年7月~9月)

メアリと魔女の花(アニメ映画)

 スタジオポノック第1弾、米林監督。

 色々と文句を言っている人はいたけど、ジブリの当初の「子どもが楽しんでみられるアニメ作品」という点を丁寧に作った良作でした。

 

KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 応援上映(アニメ映画)

 説明不要。岩盤浴デトックスするように応援上映に行く。

 

・KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 4DX(アニメ映画)

 今度は4DX。遠いけど見に行く。

 

ポケットモンスター キミにきめた!(アニメ映画)

 思い出補正も含めてだろうけど、結構泣いてしまった……。きちんと評価できないですね、思い入れが深すぎると。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ映画)

 スルーしてたんだけど、「シャフトらしい映像だけでも見る価値あり」という意見を信じて見に行くが、正直たくさんの事情が絡むと失敗してしまう映画を見せられた気分だった。

 新房監督は自分の作品を作るというより、後輩を育成する方向に尽力しているようなイメージなので、どこかで自分の趣味を爆発させてほしい……。

 

Spangle call Lilli line(ライブ)

 ゲストがD.A.N.だったのと、会場や千日前ユニバースなので参戦。

 結果から言うと、D.A.N.は音源がめちゃくちゃ好きだったんだけど、このときのライブは全然良くなかった……。ミニマルなフレーズを機械のように繰り返す中に生まれる揺らぎが魅力なのに、ライブでエモい感じしようとして、それに演奏技術が追いついてなくてスベってるみたいで残念。

 それに反してSpangle call Lilli lineはベテランらしいグルーヴ感で安心して聞いていられたので最高でした。

 

・OTODAMA'17(夏フェス)

 義務のように参加。なんかあんまり記憶にないな……と思ってTwitterよりサルベージ。

  何の参考にもならない!

 毎年通りに牧歌的なフェスだったということで。

 

 執筆者:六条くるる

 

フジロック初心者による雑感(会場編)

 先日、以下のような文章を書きました。

 フジロック初心者による雑感(装備編) - 午前3時の六条会

 今回はそのシリーズで会場編です。

 

・会場までの距離

 会場の新潟県苗場スキー場は遠いです、というのは小学生並みの感想というやつですが、残念ながら事実です。

 僕は越後湯沢駅周辺に宿を取っていたので、毎日そこから会場に向かうわけですが、その交通手段であるシャトルバスが非常に混雑します。30~40分ほどバスに揺られるだけでもつらいですが、乗るまでに30分~1時間ほど並ぶと考えておいてください。

 もちろん、時間帯によっては空いているでしょうが、あなたが会場に行きたいと思う時間はみんなも会場に行きたいと思っている時間だという前提で行動してください。

 

・会場内の距離

 上で書いた通り、帰るためにはかなり並んでからさらにバスに乗っていなければなりません。そのため、すんなり帰ることができず、体力のギリギリまでフェスで遊んでいたり、体調を崩して宿に戻りたいときなど、絶望してしまいます。おおげさなくらい早め早めの行動が必要です。僕が体調を崩した日は、ヘッドライナーを見ないで帰りました。雨に体温を奪われて死にそうだったので。

 メインステージから入場ゲートまでも結構かかりますし(FIELD OF HEAVENなどの奥のほうのステージならさらに)、地面もぬかるんでいたり、人が多くて思うように歩けなかったりして、想像以上に遠いと思っておいたほうがいいです。さらに、入場ゲートからシャトルバス乗り場までも結構な距離が……。

 

・フード

 フェスのごはんは少々お高いですが、フジロックはどれも結構おいしかったです。……体調がよかったならば、という条件付きで。

 フジロックに限らず、フェスの会場では体調を崩したときに食べられるようなものが少ないです。僕の場合はスープ雑炊とかバナナとか、消化に良いエネルギー源を売っている店を見つけてどうにか乗り越えたので、もしそういう店を見つけたらその位置などを覚えておくとよいかもしれません。

 あとは、体力と食欲があるうちに早めに食べることをおすすめします。移動に時間がかかりますし、フードのお店が少ないゾーンもあったりするので、見たいアーティストを優先してると、全然食べられないという事態になることも。

 他には雨を避けられる場所がほぼ皆無なので、雨が降り出すと雨の中で食べることになるので、それが嫌な人もお早めに。

 

 今回も体力がない、体調を崩しやすい、etc... という視点からの情報ですが、こういうニッチな情報のほうが意味があることを信じて書いてみました。

 めちゃくちゃ高価な道具を揃えて、フジロック慣れしている人の意見は初心者にはいまいち役に立たないと思いますので……。

 何か思い出したらまた追記するかもしれません。

 

 執筆者:六条くるる

(c)午前3時の六条会