読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜の写真(4品種)

本文なし。

モノクロ写真の美とは

これらの写真はiPhoneで撮影したものをiPhoneの機能でモノクロ加工したものである。加工という作業は足し算を想起させるが、写真から色を引き算するという作業とも言える。 カラー写真が当たり前になった現在では、モノクロ写真は時間の経て色褪せたものを思…

廃墟写真、あるいは廃墟の美について

今週のお題「ゴールデンウィーク2014」 ここ数日、どうしてもそういう気分だったので近場の廃墟へと赴いて何枚か写真を撮ってきた。 まずは外観。 かつては旅館だったようで、開けた森の中をいくようにして別館があり、その途中は庭園のような趣であった。 …

路上観察、またはフィールドワーク

今週の一枚「路上観察」 超芸術トマソン「純粋U字フェンス」 超芸術トマソンとは、何の役に立つわけでもなく、ただそれ自身の超芸術的な目的のために存在している物体のことをいう。純粋階段などが有名。 執筆者:六条会

空の写真について ―崇高さと美しさ―

私はよく空を写真を撮るのだけれど、そのときは何も綺麗な写真を撮ろうとしているわけではない。 もちろん、綺麗な写真が撮れるに越したことはない。しかし、それは写真を撮る真の目的ではない。私がカメラを構えるのは空の美しさを誰かに伝えたいから、では…

【観劇記録】劇団、六条会「罰当たり六条会の最期」

劇団、六条会による演劇「罰当たり六条会の最期」を観てきたので、その雑感などをここにしたためておく。 この劇団の主宰は六条会(ろくじょう・かい)というなんだか色々とややこしい名前の人物で、六条会の中では演劇を中心に視覚表現を軸足を置いた表現者…

執筆者

六条綾(ろくじょう・あや) →小説・文芸評論 六条捻(ろくじょう・ひねる) →バカエッセイ・評論 六条くるる(ろくじょう・くるる) →六条短歌・短歌エッセイ 六条愛理(ろくじょう・あいのことわり) →恋愛・百合関連のエッセイ・評論 六条会(ろくじょう…

(c)午前3時の六条会