読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

略称の不具合

略称とは何のためにあるのか。時間を節約しつつ、意味が簡潔に伝わるようにするためである。あるいは、仲間同士にしか伝わらない暗号のように意味を秘匿するためかもしれない。どちらもよく見られる用法ではあるが、今回は前者について書きたいと思う。 先日…

ジョークとグローバル化

日本人にはユーモアのセンスがないと言われて久しいが、時折この言葉の意味すら勘違いしている人もいる始末であり、そんなことだからユーモアのセンスがないなどと言われるのだろう。日本人は兎に角スペック主義で、何でも彼んでも能力が第一だと妄信してい…

情弱って言うほうが情弱

情弱、という言葉がある。 情報弱者の略語であり、有益な情報を知らないために損をしてしまっている人を揶揄するときなどに用いられるネットスラングである。 たしかに、この世の中には情報を知らない(=知識がない)ために大損をしてしまうことがある。株…

食品偽装問題について思うこと

2013年11月現在、世間では食品偽装問題が大きな話題を呼んでいる。詳しくは各人で調べてもらえばわかることなのでここには書かないが、大手百貨店や有名ホテルまでもが原材料などを偽っていたことは人々に大きな衝撃を与えたようだ。 一方で、その偽装技術を…

船頭は多いほうがいいのだろうか

「船頭多くして船山に登る」 この言葉は指図をする人が多すぎると、見当違いの方向に進んでしまうという意味であり、おおむね悪い意味で用いられる。 しかし、このように考えたことがある人は小生だけではあるまい。船が山に登れるとかすげえ! と。 物事が…

心頭を滅却しても火は熱い

心頭を滅却すれば火もまた涼し 小学生並みの感想で申し訳ないが、非常にかっこいい言葉である。 苦しいことも心の持ちようで乗り越えられるといった意味で使われることが多いのだろうか。この人間の意志力を象徴する言葉は、自分の力で人生の苦境を乗り越え…

おふとんと結婚したい

「おふとんと結婚したい」といったようなことを言っている人がいる。 結論から述べるならば、小生は次のように主張したい。 曰く、『「おふとんと結婚したい」と言っている人とは結婚するな(幻冬舎新書)』と。 新書云々のくだりはもちろん嘘八百であるが、…

科学馬鹿を馬鹿にする馬鹿

小生は、科学馬鹿が嫌いである。 ここでいう科学馬鹿とは一心不乱に科学技術などの研究に精を出している人間のことではない。そういった人々はたとえキ印だと言われようが、目の前の研究にのめり込んで欲しいと思う。 では、小生が嫌いな科学馬鹿とは一体ど…

「クズって言うやつはクズ」という論理について

他者をクズなどといって罵るやつこそクズである。 この意見は人道的視点から主張するものではない。つまり、他者を口汚く罵るやつは人でなしだ、などということを言おうとしているわけではないのだ。第一、クズと言われるようなやつにはそれなりに駄目なとこ…

深すぎる正義の見方

ヤッターマンをご存知だろうか。 タツノコプロ製作のアニメで、仮面を被り正体を隠したままドロンボーという悪党と戦う正義の味方を描いた作品である。少なくとも、そう認知されている。 小生に言わせてみれば、これは単純な勧善懲悪ストーリーではない。主…

執筆者

六条綾(ろくじょう・あや) →小説・文芸評論 六条捻(ろくじょう・ひねる) →バカエッセイ・評論 六条くるる(ろくじょう・くるる) →六条短歌・短歌エッセイ 六条愛理(ろくじょう・あいのことわり) →恋愛・百合関連のエッセイ・評論 六条会(ろくじょう…

(c)午前3時の六条会