煙草は体に悪いが酒も体に悪い

 僕はお酒が飲めない。元々は体質だったのだけど、少し飲むだけですぐに吐いてしまうし、積極的に避けているうちに味や臭いも嫌いになってしまった。人によっては「飲んでいるうちに飲めるようになる!」という人がいるのだが、それは全くの間違いであって、それは「酒に慣れた」にすぎず、「飲めるようになった」わけではない。

 つまり、アルコールの味に慣れて抵抗感が少なくなっているだけで、体内でのアルコールの分解能力は低いままである。その証拠に、飲めるようになったと豪語する人間が飲酒する際にはえらく顔が赤くなっているではないか。あれはアルコールが体内で分解されずに残っているというサインであることを知らないのだろうか。

 さて一方、僕は煙草を吸うのだが、これを「体に悪い!」と攻撃してくる人間が後を絶たない。もちろん、その主張は間違っていないし、やや誇張されている部分があるにしろ、医学データに基づいた正しい判断とも言える。

 しかし、実のところ酒も体に悪いのである。体内で分解されずに残ったアルコールは発がん性物質へと転じる可能性があり、アルコールに耐性のない人間が飲酒をした場合、発ガンリスクが2倍~3倍になるとも言われている。これは煙草を吸って肺がんになるリスクとそう変わらない数字である。また、酒の飲みすぎて急死した話は聞くものの、煙草を一度に吸いすぎて急死したという話は聞いたことがない。

 こういう話をすると、必ずこう反論する人間が現れる。

「煙草を吸うやつは吸殻のポイ捨てなどの喫煙者のマナー違反をするし、副流煙が他人の迷惑になっている!」

 はい、おっしゃる通りでぐうの音も出ません。が、酔って路上や公共交通機関の中で暴れて他人に迷惑を掛けたり、吐いてそこらを汚したりしている人もいますよね? という話もさせていただきたい。

 ようはどちらも悪いのだが、より煙草のほうが悪いような印象が流布しているのは、日本国内で煙草を売っている日本の企業が1社しかないからだろう。酒に関しては複数のメーカーが手を組んでネガティブな印象を持たれないように各所に働きかけることができるだろうが、煙草の場合はそれができなかったというだけだ。おそらく、本当にそれくらいの差しかないのである。

 

 以上のことから酒や煙草に関して文句を言って筋が通るのは両方とも嗜みません、という人だけであって、ドランカーもスモーカーも文句を言うのは構わないが、それぞれの主張が認められるべきだ、などとゆめゆめ思うべきではない。もちろん、酒とも煙草とも無縁な人も他の部分ではゴミクズのような人間である可能性もあるわけだが。

 2014年最初に言うべきことではないかもしれないが、一言でまとめると「みんな違ってみんな駄目」ということである。

 

 執筆者:六条くるる

(c)午前3時の六条会