読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンタメ記録シリーズ(2016年10月~12月)

六条くるる レビュー

 滅多に外出をしない六条くるるが出掛けたことを記録し、のちの研究者の資料を作ろうという記事です。

 

神戸どうぶつ王国

 外出。

 実は地味に珍しいどうぶつがたくさんいる穴場スポットで、某けものアニメでも有名なサーバルキャットなども見ることができる。個人的には植物コーナーの睡蓮とハシビロコウが見れたのが良かった。

 

・ReVision of Sence

 邦楽。ライブ。

 大学時代、一瞬だけバンドをやっていた友人がボーカルのバンド。比較的、世界観は六条くるるに通じるところがある。

 売れない時代を経て、借金まみれの負け犬バンドを自称する彼らが梅田・クラブクアトロというキャパ500人クラスのライブハウスをSOLD OUTさせたのには驚かされた。それ以上に客との一体感の中で楽しそうにライブする姿が感動的だった。

 もし爆発的に売れるようなことがあれば、ターニングポイントとして語られる伝説のライブになる……かもしれない。

 

ボロフェスタ

 邦楽。ライブ・フェス。

 知る人ぞ知る、京都の秋フェス。ややマニアックな邦楽アーティストから地下アイドルまで出演するマニアックすぎるラインナップが魅力的。

 そういう僕もお目当てはBiS、BiSH、生ハムと焼きうどんなど地下アイドルが中心で、それらも素晴らしかったけど、デビュー前後に聞いただけだった空きっ腹に酒がめちゃくちゃ良くなっていたのを発見したりして良いフェスだった。

 

この世界の片隅に

 邦画。

 説明不要でしょう、綿密な取材によるアニメーションの可能性を国内外に示した作品です。でも、こういうのってジブリが抱えていたアニメーターを放流したからこそ可能なんだって思うとちょっと複雑ですね……。

 

・プリパラ クリスマスドリームライブ2016

 アニメ。ライブビューイング。

 毎年、横浜とか千葉まで観に行っていたのですが、プリパラよりも交通機関に落としているお金が多いのはどうなんだろう……と思っていたところ、ライビュがあったのでそっちに参加。

 12月25日というまさにクリスマス当日にこんだけ声優さんのスケジュール押さえているのに気合を感じるし、オタクの妄想を実現したようなキャラ同士のコラボとかあって胸熱でした。やっぱ現場に行きたい。

 

 

 フロム、六条くるる

(c)午前3時の六条会