フジロック初心者による雑感(装備編)

 先日、フジロックに初めて参加してきました。都市型フェスでも死にそうになっている僕ですが、そんな人間だからこそ書けるフジロックについてのあれこれを書きたいと思います。今回は装備編です。

 

・靴

 色々なところで言われてますが、日本野鳥の会の長靴を買いました。僕の参加した2日間は【常にくもりで一時は土砂降り】【常に霧雨でたまに強くなる】という天候だったので、これは正解でした。

 地面がぬかるんでいる中、みんなが水たまりを避けて歩く中で自分は気にしなくてもよいというのは気が楽です。なんだそんなこと、と思うかもしれませんが、石が多いせいで転びそうになることもあるし、多くの人とすれ違って、その中で小さい子供を連れている人に気を遣ったりするので、心配事が一つ減るだけでかなり楽です。

 デメリットといえば、晴れて暑くなったときに蒸れることですが、野鳥の会の長靴は折り曲げてショートブーツ風にできるので、それで耐えてください。

 

・レインスカート

 雨対策の縁の下の力持ちだったのはこいつです。スカートといっても、巻きスカートで、ポリエステル製の短いカーテンにマジックテープがついたようなものを想像してください。急に雨が降り出したときでも靴を脱いだりせずに着用できるので装備として採用しました。

 上半身はゴアテックスのパーカーとかレインポンチョでほぼ防げますが、そこから垂れてきた水滴が足を濡らしてしまうことがあるかと思います。レインスカートはそれを避けるために使用したのですが、もう一つ良い点があって、持参した椅子や地面などが濡れていても気にせずに座れることです。

 ただし、これは長靴と合わせて下半身の露出部分を減らすという運用の雨対策なので、丈の短い靴がいい! とか、地面が濡れた場所でも着替えるの面倒じゃない! という人は素直にズボンタイプのレインウェアにするとよいと思います。そっちのほうがカバー率は高いですし。

 

・ブロックテックパーカー

 これが一番評価しずらいアイテム。ちなみにユニクロで6000円くらいだったと思います。簡単にいうと、ユニクロオリジナルのややショボいゴアテックスパーカーみたいなものです。防水・透湿ともに値段なりの性能ということですね。

 じゃあ、比較されるゴアテックスってそもそも何よ? という話ですが、簡単に言うと「雨は全然通さないけど、内部の水蒸気は外に通すから、中が蒸れない」というすごい素材のことです。詳しくは自分で調べてほしいのですが、台風のときのような雨風も防げるそうです。

 それでは、ユニクロのブロックテックパーカーは役立たずで雨を防げなかったのか、というとちゃんと防げてました。蒸れる感じもそんなにありませんでした。ただ、素材が完全に雨をはじくのではなく、やや吸い込んだようになり、重くなってしまったのは誤算でした。その結果、中に浸み込んできていないとはいえ、冷たい雨を含んだパーカーをずっと着ている状態になり、その冷たいパーカーに触れた部分からどんどんと体温を奪われて、1日目はかなり体調を崩してしまいました。2日目は上から薄っぺらいレインコートを着て、ブロックテックパーカーに主な防水の役割をさせないことでどうにか生き延びました。

 軽い雨なら問題ないとは思いますが、参加したときの天候が【常にくもりで一時は土砂降り】【常に霧雨でたまに強くなる】という感じだったので、雨量が多いと単体では危険かもしれません。

 結論として、ゴアテックス一択! かと言われると簡単には薦められません。あなたがフジロックとか雨の不安な野外フェスにめっちゃ参加するとか、登山が好きとか、アウトドアウェアをタウンユースでおしゃれに着こなせるとか、お金なら払う!!! というのならば、ゴアテックスを買うといいでしょう。僕は使ったことありませんが、その快適さについては、検索すればいくらでも体験談を探せるかと思います。

 普通に寒さ対策兼軽い雨避けの上着+レインポンチョで来ている人もたくさんいましたし、自分の体力などと相談してください。

 最後にゴアテックスの注意点を挙げるならば、経年劣化をするということを覚えておいてください。何万円もするので、大切に使えば一生使えるアイテムなのでは? と思ってしまいますが、例え使用していなくても、いわゆる加水分解によって生地同士がはがれてしまい、防水性能が低下します。まあ、1年や2年ではへこたれないので、お店の人に耐用年数などを聞いて、それと値段を比べて、自分の中で納得してから買ってください。

 

・その他服装

 基本は半そでTシャツと丈の長いパンツ(普通のジーパン、短パン+レギンスなど)で大丈夫だと思いますが、雨が降ったときは上記のように体温を奪われるので、長袖Tシャツなどあるとよいと思います。

 参考までに、【常に霧雨でたまに強くなる】という天候の日は途中から寒くなって以下のような装備でした。

  1. 帽子(ハット)
  2. 半袖エアリズム+半袖Tシャツ
  3. ↑の上から長袖Tシャツ
  4. ブロックテックパーカー
  5. ↑の上から薄いレインコート
  6. レインスカート
  7. 速乾性ジーンズ(長ズボン)
  8. 野鳥の会の長靴

 

 装備に関してはこのくらいかと思います。

 僕の参加した2日間は、晴れる瞬間が皆無で、ベテラン参加者曰く「平均よりもやや過酷なフジロック」らしいので、参加する年によって装備の使用感が変わってくることを理解しておいてください。

 

 執筆者:六条くるる

 

 

(c)午前3時の六条会