エンタメ記録シリーズ(2017年7月~9月)

メアリと魔女の花(アニメ映画)

 スタジオポノック第1弾、米林監督。

 色々と文句を言っている人はいたけど、ジブリの当初の「子どもが楽しんでみられるアニメ作品」という点を丁寧に作った良作でした。

 

KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 応援上映(アニメ映画)

 説明不要。岩盤浴デトックスするように応援上映に行く。

 

・KING OF PRISM -PRIDE THE HERO- 4DX(アニメ映画)

 今度は4DX。遠いけど見に行く。

 

ポケットモンスター キミにきめた!(アニメ映画)

 思い出補正も含めてだろうけど、結構泣いてしまった……。きちんと評価できないですね、思い入れが深すぎると。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ映画)

 スルーしてたんだけど、「シャフトらしい映像だけでも見る価値あり」という意見を信じて見に行くが、正直たくさんの事情が絡むと失敗してしまう映画を見せられた気分だった。

 新房監督は自分の作品を作るというより、後輩を育成する方向に尽力しているようなイメージなので、どこかで自分の趣味を爆発させてほしい……。

 

Spangle call Lilli line(ライブ)

 ゲストがD.A.N.だったのと、会場や千日前ユニバースなので参戦。

 結果から言うと、D.A.N.は音源がめちゃくちゃ好きだったんだけど、このときのライブは全然良くなかった……。ミニマルなフレーズを機械のように繰り返す中に生まれる揺らぎが魅力なのに、ライブでエモい感じしようとして、それに演奏技術が追いついてなくてスベってるみたいで残念。

 それに反してSpangle call Lilli lineはベテランらしいグルーヴ感で安心して聞いていられたので最高でした。

 

・OTODAMA'17(夏フェス)

 義務のように参加。なんかあんまり記憶にないな……と思ってTwitterよりサルベージ。

  何の参考にもならない!

 毎年通りに牧歌的なフェスだったということで。

 

 執筆者:六条くるる

 

(c)午前3時の六条会