エンタメ記録シリーズ(2017年10月~12月)

GODZILLA 怪獣惑星

 ハリウッド版が好評、そして庵野監督のシン・ゴジラも大ヒットというハードル上がりまくりな状態で封切りされたいわゆる虚淵ゴジラ

 かなり思いっきりSFに寄せた世界観で、ポリゴンピクチュアズの本領発揮の映像もあって見ごたえのある作品だった。実はシリーズものでまだ続くので、そちらも見に行こうと思う。

 

Fate / stay night hevean's feel

 まさに劇場版! というクオリティ。原作にはない要素の追加も完璧オブ完璧という出来栄えで、時間をかけていいから次作もきっちりお願いします! という気持ちにあふれる良作だった。

 

BUCK-TICK DAY IN QUESTION

 数年ぶりにライブを見たけど、相変わらずみんなセクシーだった。お金を払ってセクシーなおじさまのライブパフォーマンスを2時間も見られるとか何かのバグか? ってくらい最高ですよね。

 追いかけて切れていなくて、知らない曲もあるけどそれでも行ってよかった。。

 

 執筆者:六条くるる

(c)午前3時の六条会